音楽と本

僕のカルチャーセレクトショップ

G-SHOCKがとても好き

 昨日はアナログ時計の話で、今日はデジタルの方。というかG-SHOSCKだけだけど。

 今でも大人気を誇るG-SHOCKだけれど、かれこれ20年くらい前に大ブームになったことがあった。モデルによっては60万くらいのプレミアも付いたりして、少々狂っていたと思う。そんなさなか、僕は時計好きとしてそのブームに参加し、結構な額を散財した。

        

        まずはこういう本で色々と機種や相場を覚えた。

 

        f:id:otominarukami:20170729225007j:plain

 

 当時はカシオは毎月のように限定モデルを出しており、すぐに売り切れてしまった。特に人気だったのはフロッグマンというダイバーズウォッチだ。

 

         f:id:otominarukami:20170729225336j:plain

 

 定価3万円程度が15万円。この値段、ヒドくない?いくらなんでもボッタくりすぎでしょ。もともとフロッグマンはグレーの色なんだけど、このころメンインブラックシリーズと称して限定販売されたマットな黒のGが大人気だった。以前にもフロッグマンは限定で黒が出ていたのだが(ゴールドチタンフロッグマンという)そちらが数十万の高値だったのでこちらも高騰。

 

 当時は限定品を手に入れるために早朝に並ぶとか、色々みんなやっていたようだ。僕はそこまではしなかったけど。

 

 でもやっぱりブラックのフロッグマンが欲しい!

 そんな風に毎日雑誌やGコレクターのHPを見ては悶々としていた僕が、たまたまあるデパートでノーマルのフロッグマンを定価で発見。確か2万数千円だった。今だったら絶対買わないけれど、その頃はアタマがおかしくなっていたのだろう、即購入した。ただ、やっぱりグレーの色がどうも気に入らない。

 

 当時Gを色々とカスタムするのは流行っていて、中には自分でベゼル(時計の本体を包む部分)とバンドをウレタンで自作する強者もいた。

 さすがにそんな技術を持っていない僕はパーツを求めて秋葉原アメ横を何度も訪れた。それはそれで楽しかったなー。

 そうしてメンインブラックのベゼルとベルトを6千円で(たけえ)ついに入手!装着!カッコいい!買ってよかった。

 

          f:id:otominarukami:20170729230058j:plain

 

 どうです、この重量感、メカニック性。僕はこの機種がGーSHOCKの究極の完成形だと思っている。まあ言ってみればなんちゃってメンインブラックフロッグマンなんだけど、だれも気がつかないでしょ。僕は大いなる満足感に包まれた。

 

       そして、僕は現在、他にもこれだけGを所持している。

 

   f:id:otominarukami:20170729230820j:plain

 

 電池が切れているものも含めて8本あります。一番多く持っていた頃は15本くらいあったんだけど、弟にあげたり、友人にあげたり、売ったりして現在はこの本数。

 

 それでは、それほどマニアでもないけれども、そこそこのモデルを持つ僕がそれぞれのモデルについて語るよ!

 

 まずは白くてカッコいいUSPA全米パラシュート協会タイアップ限定ホワイトライズマン。

 

   f:id:otominarukami:20170729231543j:plain f:id:otominarukami:20170729231557j:plain

 

 気に入って酷使したため、かなりベルトがボロくなっている。なんでパラシュート協会と限定コラボしたのかは謎だが、白い雲と青い空をイメージした珍しいモデル。

 このモデル、そこそこ人気があって、当時近所のショップだと5万円で売っていた。当時の雑誌でもそのくらいの相場。

      

      f:id:otominarukami:20170729233036j:plain

 

 もちろんそんな金額では買えなかったが、ほとぼりが冷めた頃にハードオフで1万円くらいで売っていたのを即GET!

 どうでもいいけどGETせよ!なんて言い方、当時流行ってたなー。「GET ON」なんて雑誌もあったしね。

 このライズマン気圧とか色々わかるらしいけど、一切その機能を使う機会がありませんでした。

 

 次はDW6900という人気のモデル。このモデルをベースに幾多の限定品が発売された。特に人気だったのはステューシーという人気ストリートブランドとコラボしたモデルで黒に銀の文字盤がカッコよかった。

 

 当然僕は買えなかったので、じゃあ自分で作るしかないだろ!と安いノーマルのモデルを書い、スプレーとか塗料とかでセルフカスタム。どうです!似てるでしょ。

 

      f:id:otominarukami:20170729232339j:plain

 

 わかるかなー、文字盤の上に青でプロディジーのアリのマークが入ってるの。僕が一生懸命描いた会心の出来のアリです。僕以外の人間に誰も知られていないプロディジーモデルだ!

 これ、作るの結構大変だったんですよ。裏蓋を自己責任で外してモジュールを取り出し、文字盤だけをスプレーして再び装着する。当時いい年して(30前後)そんなことばっかやってたなー。電池をマメに変えて、未だ現役。ベゼルが少々加水分解し始めているのがちょっとへこむ。

 ちなみにベゼルの文字はノーマルモデルは本来赤なんだけど、それだとカッコ悪いので、クレヨンを塗りこんで白いアルファベットを浮き上がらせています。でもさっき拭いたらクレヨン落ちて赤の塗料が顔を出してるね。ダサいね。

 

 紹介しきれません。また今度やります。ちなみに現在旅行中です。

kakuyomu.jp