音楽と本

僕のカルチャーセレクトショップ

使わない機械をいつ使う?

 それがいまだ機能を有しているにもかかわらず、結局のところその能力を発揮する機会がないために家の片隅で眠り続けている機械がある。この間実家で色々とそういうものが出てきたのだ。まずは、これ。ポラロイドカメラ

              新品未使用品です

      f:id:otominarukami:20200523232001j:plain

 今軽くググったところ、楽天だとビンテージ扱いで結構な値で売っているではないか。

ビンテージポラロイドカメラ ポラロイド636 Close up 【新品・未使用】

価格:9,982円
(2020/5/23 23:24時点)
感想(0件)

 なるほどそれなりに価値があるとみた。とはいえ、僕にはメルカリやヤフオクで売ったりするフットワークはなく、ただ手元に置いておくだけだ。欲しい人いますか。あげないけどさ。そもそもこれ、フィルムとか売ってるんですかね?

 それはそうと、このカメラで撮った独特の味わいがあるのだろう、スマホでとる写真もいいけれど、レトロな味わいとアナログ的な魅力を見出した人が使うんだろうね。または、コミュニケーションツールとしてもいいのでは?あえてポラロイドを使うことでモノとしての写真の魅力を再確認することもできるだろう。

 

 次にこれ、SU10というヤマハサンプラー

      箱ごと保管してあったけど、説明書がどこかに行ってしまった

      f:id:otominarukami:20200523232726j:plain

 

            もう使い方忘れちゃったよ 

    f:id:otominarukami:20200523232752j:plain

 二十五年くらいも前、僕は独自に作曲活動をしていてアイディアが次から次へとあふれてくる時期があった。

            恥ずかしながらの若さの産物。サンプラー使ってねえけど

     

    

 まあ、その曲がどうなったとかは別にないんだけれど、とにかくMTRに色々な曲を録音しては友人に聴かせたりしてささやかな自己満足に浸っていたのだった。基本はギター・ベース・ドラムで構成していた曲がメインだったのだけれど、アンダーワールドとかプロディジーとかを聴くにつけ、テクノっぽい曲やサンプラーを駆使した曲が作りたくなったわけ。そんでまだ独身で可処分所得もあったので二万ちょっとしたかな、このサンプラーを買ったのですよ。

 最初の内は面白がって色々なバンドのフレーズとか、サンプルCDとかを使って曲に効果音などを入れて悦に入っていたのだけれど、そのうちに結婚したり子供が生まれたりと形而下の出来事に翻弄されているうちにその情熱も失われてしまった。この他にも10万円くらいしたMDを使ったMTRとかドラムマシンとか、キーボード等今全く使っていない音楽関係の機械がたくさんある。

 ちなみに天井裏にはこのようにエレキドラムがひっそり眠っています。

             また引っ張り出してみるかな

          f:id:otominarukami:20200523233847j:plain


 年齢を重ねてしまい、色々なことに情熱を持てなくなった僕はこれらのマシンを再び使う機会はおそらくないのではないか。そもそも今なんか作曲ソフトを使った方が楽だろうし、どうにもおっくうなのですよ。ああ、若さは失われた。

 

 こちらのカセットデッキ、以前勤めていた会社で発掘されたものなのだが、誰も使途が思いつかず、そのまま捨てられそうになっていたものを僕がもらい受けたのだ。
    なんだろね、イベントとかで使おうとしたのかな。いつの製品なのだろう

f:id:otominarukami:20200523234028j:plain f:id:otominarukami:20200523234149j:plain

 
 今カセットテープは再評価されているらしいけれど、そんなのは一部の人たちの間だけであって一般的にはほぼ用途無しでしょ。僕は大量のカセットテープ(おそらく500本以上はあるだろう)を所持しているけれど、やっぱりYOUTUBEとかアマゾンミュージックで聴く方が楽だし、音質もいいよね。つうても捨てるに忍びない。きっとこの先も僕の家の天井裏にひっそりと佇んでいることでしょう。
 
             ツマミの部分がメカニカルでかっこいいね

   f:id:otominarukami:20200523234304j:plain

 曲作ってみたり、小説書いてみたり

kakuyomu.jp

オールドバンドT発掘、でもテロライザー

 この間実家に帰ったときに、暇だったのでキンドルで「2nd」を電子書籍で見てたのさ。

 良質なファッション雑誌

 

 この雑誌は最新号までがプライムリーディングで読めるので僕は暇つぶしに見ることが多いんだけど、その中に古着屋特集の記事があったのだ。この手の雑誌としては古着屋を特集することはなんら珍しくはないのだけれど、とあるバンドTシャツが確か2万~4万くらいの値がついていたんだよね。

 そのバンドがこちら、「BAD BRAINS」であります。

 どこかでみたことありませんか

 バッドブレインズはレゲエとハードコアを融合(というか強引に連結したという方が適切か)させたバンドで、今でも根強いファンがいる伝説的なバンドだ。初期はかなりハードコア要素が強いサウンドだったが、だんだんとオルタナ化していった。

             僕にとっての彼らのベストチューンはこちら

    

 久しぶりに聴いたけど、カッコいいな、おい!

 ちなみに初期はこんな感じでもっとまったりレゲエしている。でも客はこのビートでもモッシュ

     

 そんでまあ、このバンドの当時のTシャツが、相当な高値で売られているという事実に驚いたわけですよ。つうか、普通にいまでも新品はこの値段で買えるのだけど。

 欲しい人はここから買って僕にアファリエイト利益をもたらしてください

 

 僕はふと思ったのだが、あれ、確か実家のどこかに昔買ったメタルTシャツなかったっけ?ひょっとしたら値打ちがあるものがどこかに眠っているかもしれん!そうして探しに探した結果、この一枚だけが発見された!

                    じゃーん

    f:id:otominarukami:20200517220658j:plain

 これを見て「うお、テロライザーのTシャツだ!すげえ」と思った人は僕とオンライン飲み会をしましょう。

 僕はこのブログで何度となくこのバンドに言及しておりますが、知らない方のために書いておくと、テロライザーとは30年位前に活動していた伝説的グラインドコアバンドであります。僕はこのバンドを大学生のときに聴いて衝撃を受けたのを今も覚えている。というのも、初めてブラストビートというドラムを聴いたのがこのバンドによってだったから。ブラストビートというのは簡単に言えばどこまで速くドラムが叩けるかという限界に挑戦した叩き方。特にこの曲、1分28秒から始まるパートをはじめて聴いたときはあまりの速さに大爆笑した。

          僕にとってはメタリカの「バッテリー」に匹敵する名曲

   

 今だとさらに速い曲は沢山あるけれど、やはり当時はこのバンドやナパームデスなどがとにかく速かった。

 あと僕の中で体感的に最も速いと思う曲はこれ。特に0:48からのドラムはもはやマシンガン

      

 テロライザーTシャツもっと見たいですか?そうですか、ではどうぞ。

         僕のデジカメは右端下の子どもの顔を顔認証していた

   f:id:otominarukami:20200517222326j:plain 

 背面は裏ジャケの写真。どうです、この暑苦しさ。ドラマーの名前はピート・サンドーバルちうて、グラインドコア業界では結構有名な人です。

  f:id:otominarukami:20200517222345j:plain

 

 テロライザーは今までアルバム3枚出しております。当然全て持っています。

 

             聴く人によってはどれも同じでしょう

  f:id:otominarukami:20200517222533j:plain

 メンバーは色々と入れ代わりがあり、実はナパームデスの人とかモービッドエンジェルの人とか、その筋ではものすごい人が参加しておりますが、この手の音楽に興味のない方にとっては毛ほども気にならないと思いますのでメンバー紹介しようと思ったけどやめました。ああ、そうそう、3枚目のアルバムは女性ギタリストです。

           左端上の方がそうです。その後の活動は知らない

   f:id:otominarukami:20200517223206j:plain


それからなんと2016年のラウドパークにきております。それなりにファンがいて微笑ましい。行けばよかったなー!

 どうでもいいことですけれど、タイトルが「World Downfall」となっているが違う曲だ、とどこかの外人に指摘されている

     

 テロライザーT、まあきっと値打ちはないでしょうね。そうそう、ついでにエイリアン2のTシャツも発掘した。僕20の頃、こんなの着てキャンパスを颯爽と歩いていたのか。でも、確かフランス語のクラスで、同級生の可愛い女の子に「エイリアンだ!私、2が好き」などと話しかけられて舞い上がった記憶があるなあ。

   いやあ、僕はやっぱり1が好きなんだけどなあ。でもこの絵は2のウォリアーエイリアン

    f:id:otominarukami:20200517223622j:plain

 

 背面は背中からエイリやんの尻尾が出て、えらいことになってます。死んでるって!

           宇宙ではあなたの叫びは誰にも聞こえない

   f:id:otominarukami:20200517223904j:plain

 

 高値で買いたい人います?

kakuyomu.jp

大ポポポポチャンス到来!

 今回は貧乏性の話です。 

 

 僕の会社への通勤途中に、JAファーマーズマーケットがあるのです。

リンクを埋めるほどのことではないのだけれど


 そんで、たまたま何かのきっかけでこの店に寄ったとき、前日売れ残ったパン屋が五品まとめて袋詰めにして300円で投売りしているコーナーを発見。一品が大体150円~200円のパンが五品で300円!こんなの買うでしょ!

 僕はこの袋詰めパンを「貧者のパン」と名づけ、朝食や会社でのおやつとして愛食していたのです。元がそこそこの値段のパンなので結構うまいし。

 

 そうしてその貧者のパンの話を会社でしていたときに、それを聴いていた僕よりも20も若い同僚が「なるかみさん、僕の家近いんで俺もよくそれ食べるよ!それおいしいよね」(年齢は離れているが、彼とは妙に気が合って、現在タメ口聞くくらいの仲のよさ)と笑っていた。

 

 その後も僕は貧者のパンを購入するためにたびたびそのJAに寄っていたのだけれど、みさなん、ほら、スーパーってある種の音楽をテープで永遠に流している場所があるじゃない。当然僕が物色する貧者パンコーナーにもその種の曲が流れているわけ。

 その曲をなんとか伝えたくて、JAのホームページをはじめ血眼になって探してみたけどありませんでした。そりゃそうか。

 

 ちなみにその曲を文字化すると

ポポポポポー、ポポポポポー、ぽぽーぽ、ぽーぽー、ポーポーポーポー

 て感じ。伝わるわけねえか!

 ああ、このメロディを皆さんにお伝えしたい!しかしそれは叶わぬこと。とにかくこの単調なメロディをオカリナらしき楽器が牧歌的に奏でているわけですよ。

 

 そんで僕あんまりこの店に入り浸るようになったので、ふと何かの機会にこのメロディが頭をかすめるわけ。ポポポポポーってね。

 それを何の気なしに例の若い同僚に伝えると爆笑!

「あ!その曲確かにかかってる!よくそんなの気付いたねー」

 そして数日後、彼が言ってきた。

「なるかみさん、オレあの曲全然気にしてなかったのに、なるかみさんがあんなこと言うからずっと頭の中でポポポポーって曲が鳴ってるんだよ!いやだよ!」

だって。もちろん二人でげらげら笑いながら話していたのだけれど、その後たまに仕事が早く終ったときに彼が

「なるかみさん、今日ポポポポチャンスじゃない?寄らなくていいの?」

とか言うようになって笑う。なんだポポポポチャンスって。

 

 ちなみにこの間、その貧者のパンがどうしても売れずに残っており、300円の袋がさらに安くなり、ついには150円で売っていた!貧者パンどころが最早極貧パン!当然僕は発見ただちにそれを購入し、彼に

「見て見て!今日オレ、極貧パン入手!」

と誇らしげに見せた。当然彼は爆笑。

 

 さてこのところ会社がオンラインを使った業務内容に切り替えたため、出勤時間が変わり10:30~7:30という時間帯になった。この時間帯だとJAは丁度惣菜が安くなるんだよね。タイミングが合うと、本来一枚360円するとんかつが、四枚500円で買えたりするのだ!こういう時に沢山買いだめをして、冷凍しておくのだ!

 貧者としてこのチャンスを逃す手はない。

 

 そしてこのところ同僚と帰り際

「今日ポポポポチャンスだからオレ寄っていくかなー」

「なるかみさんも行くの?俺もカミさんに頼まれて買い物に行かされるんだ。じゃあとでね」

などと他愛もない会話を交わしていた。

 

 ただ、この半額惣菜もタイミングが難しく、8時をまわると根こそぎ売れてしまい、売り物が一切ないということも多々あって、そんなときは心の中で「ポポポポチャンスロスト」とか呟いて、すごすごと帰るわけ。

 

 そんなさなか、今日は久しぶりにちょっと早めに仕事が終ったので僕はすかさずポポポポチャンスをつかみにJAへと車を飛ばした。すると、案の定大量の半額惣菜がまだ残っているではないか!

「大ポポポポチャンスとうらーい!」

と心の中で叫んで次から次へと狂ったように半額惣菜をカゴに突っ込む僕は、貧困サラリーマンの王だ!とにかくやたらめったらに買ったのに会計はなんと1600円!やしい!それがこちらです。

        いったい僕は何に突き動かされているのだろう

   f:id:otominarukami:20200513230609j:plain

 

   注目すべきは左端下の本マグロ寿司セット!980円が200円に

            中トロ、真鯛、ウニ、イクラ

   f:id:otominarukami:20200513230729j:plain

 

    そしていなり寿司セットに至っては50円!二個買ってしまった。

            これを冷凍していつか食べるのです

        f:id:otominarukami:20200513230927j:plain

 

 これで当分食料には困らないのだ。でもまた明日早く仕事が終ったらポポポポジャンキーとして寄ってしまうかもしれない・・・・

 

なんだこの記事、くだらねー

kakuyomu.jp

庭に作物を植え、シジュウカラと暮らす

 こんな世の中なので、GWや休日はヒマ。10日近い休みもほぼ家にいて、ぼうっと庭から外を眺める日々でした。しかしある日ふと、干草のようなものを咥えた小鳥が僕の家の庭の、背の低いブロック塀の穴の中へと消え、また出ていくのを見た。あれ、ひょっとすると巣を作っているんじゃないか?と思い覗いてみると・・・

僕の家の前は、川を挟んで林。で、コンクリで土手を固めてあるのでこのようなブロックが積んであります

     f:id:otominarukami:20200511212203j:plain

     

            はたして、あったよ!卵が

      f:id:otominarukami:20200511212411j:plain

 

 このことを鳥好きの次女に教えると、「あ、シジュウカラだよ!」と種類を特定。娘はかなりの鳥好きで、大抵の野鳥は分かるのだ。そんでもって、たまにこの巣を覗くと、こうしてる。

       刺激を与えるとかわいそうなので、これ以降はのぞいてませんが

   f:id:otominarukami:20200511212624j:plain

 

 びっくりさせてごめん。

 まあ、こんなに近くで野鳥を見られるなんて珍しいよね。片田舎の生活ならでは。そうして、今日なんか暑かったじゃない。だから、トリもここにこもっているのが暑いのだろうか、しょっちゅう外にでてブロックの上をうろちょろしているわけ。

             まずはこうやって辺りの様子をうかがい

    f:id:otominarukami:20200511212907j:plain

 

            このように日陰をちょこまかと動きまわります

f:id:otominarukami:20200511213128j:plain f:id:otominarukami:20200511213158j:plain

 

 小さな生き物が僕の家にねぐらを作っている。なんと微笑ましいことか。彼女に気付かれないように、そうっと別の部屋から、ショボいコンデジを最大ズームにして撮ってみました。

      口をあけているのは娘曰く、熱を口からにがしているのだそうです

   f:id:otominarukami:20200511213318j:plain

   f:id:otominarukami:20200511213706j:plain

 

 そうのうちヒナが孵ったらまた載せますよ。

 さて、僕はここ二三週間、ヒマだったので庭に草花を植えることにしました。そうして更には作物を作り、自給自足生活を目指す決意をした。しかし、すぐに無理と悟り、素人家庭菜園程度の嗜みで終るレベルで行動を起こしました。

 まずは荒れ果てて廃園のようになっていた庭の植物スペースを整理し、僕独自のセンスで彩ることにしたよお。それがこちら。

                 よくわからんアングルですいませんねえ

f:id:otominarukami:20200511214040j:plain f:id:otominarukami:20200511214059j:plain

 

 植えたのは左が鶏頭、右がマリゴールド。どちらもカラフルで値段も安かったというその理由だけです。鶏頭といえば子規の

            鶏頭の十四五本もありぬべし

 という有名な句がありますが、その域には我が家の鶏頭は至ってはいない。

        

       マリゴールドは品のない鮮やかさが逆に元気をもらえる

   f:id:otominarukami:20200511214413j:plain

 

 庭に華やかな色が散らされたので、なんだか毎朝カーテンを開けるのが楽しみになったよ。さて、作物のほうはどうか。

                       でろーん

    f:id:otominarukami:20200511214635j:plain

 親が近所の人に沢山譲ってもらったキャベツの苗を植え、その隣には78円で買ったピーマンの苗を植えております。キャベツの方は今日植えたばかりなので元気なし。がんばれ。ピーマンのほうは順調に育っている様子。

 ピーマンの葉を食われないように毎日細心の注意を払って見ているのだけれど、あれ、なんかいるよ。

    f:id:otominarukami:20200511214904j:plain

 

               カマキリ発見!

 

                 おう、なつだぜ おれは、がんばるぜ

    f:id:otominarukami:20200511214958j:plain

 

    ウチの庭みたいな猫の額ほどの場所でも有象無象が動いているのだ。

 

いろいろありまして、久しぶりに記事を書いたけど、調子戻らず

kakuyomu.jp

 

アマプラ映画ディギング『グラビティ』ならびに『フレンチ・ラン』あと『レゴバットマン』

 アマプラに続々と日々追加されるコンテンツ。あまりに多くてその中から適切な作品を見つけるのがまた一苦労だ。途中まで観てはやめた作品がいくつもあって、そのままになっているものも多い。少々興味を惹かれて観てみるも、とんでもないものが少なくない。例えば『武器人間』とかさ。

 このタイトルは秀逸

武器人間(字幕版)

武器人間(字幕版)

  • 発売日: 2014/07/30
  • メディア: Prime Video
 

 

   ナレーションがまさかの大山のぶ代ドラえもんの声で『武器人間、見てねー!』

   

 僕が20歳の頃だったらこの作品を大喜びで観たろうが、今わざわざこの手の映画を観る若さと気力がないのですよ。早送りして観たもののそれでも途中でやめた!そんな中、観たこちらの作品はお薦めです。
「グラビティ」というSF作品です。まずどうして観る気になったかといえばその上映時間のお手軽さ。今時70分台ですよ。これならきっと最後まで観通せるだろうと思い、その予感は的中。

 ゼロ・グラビティとは一切無関係

グラビティ 繰り返される宇宙(字幕版)

グラビティ 繰り返される宇宙(字幕版)

  • 発売日: 2019/06/01
  • メディア: Prime Video
 

             何でサムネイルがよりによってこれかね

   

 ネタバレありますので、観ようかと思った方はとばしましょう。

 タイトな分、ストーリー運びが早く、飽きずに観られる作品です。いわゆるタイムパラドックス+宇宙という、すでに『インターステラー』で極められたようなテーマの洗い直しだけれど、低予算ながらもVFXはきちんとつくられていたし、宇宙船のデザインや雰囲気なんかも及第点の内容だと思います。グリーンデイのヴォーカルに似た主人公はイマイチ押しが弱いし、タイムパラドックスものとしてはだいぶ穴だらけな感じもする。普通、タイムパラドックスって必然的に起こることを前提として、その伏線をいかに上手に回復するかで作品の質が決まると思うんだけど、この作品はそういう部分の説得力が弱かったかなあ。

 

 未来に起こることが解っている場合、それは必然なはずなのだけれど、そのループの中で揺らぎがでるパターン、とでも考えればいいのかね。途中で未来の自分の死体を発見したクルーがパニックって「死にたくない!」とか言って殺人までして逃げたのに、最後はあっさりと船とともに自分の死を受け入れたり、主人公の元妻が説得によって考えを変えたりと色々と矛盾が多い。でもそんなことに文句を言わず、あるがままに受け入れたほうが面白いよね!そうそう、無名の俳優ばかり出ている中で、主人公の上司がマイケル・アイアンサイド

           若かりし頃のマイケル。ラスト、頭ボーン注意!

     

 僕のような映画ファンにとっては彼は親しい俳優だ。まずはスキャナーズの頭ボーン!から始まり、シュワルツェネッガーの「トータル・リコール」、そして「スターシップトゥルーパーズ」の鬼教官。ターミネーター4でも人間軍の将校として登場し、犬死をしていたっけ。彼がこの映画の中ではおそらく最も著名な俳優でしょう。ジャンル映画ファンとしてはたまりません。

 

 『フレンチ・ラン』はその評価の高さから視聴開始。いわゆるバディ・ムービーで、無鉄砲なCIAの諜報員と凄腕のスリという組み合わせ。こういう設定がストーリィ上で活きてくるのだな。 

フレンチ・ラン(字幕版)

フレンチ・ラン(字幕版)

  • 発売日: 2017/06/01
  • メディア: Prime Video
 

            イドリス・エルバ、いい顔してるよね

     
 こちらもテンポよく、だれることなく話が進むので観飽きずに最後までたどり着いた。こういうのを佳作というのでしょう。悪党があまりに行き当たりばったりに行動したり、皆手首の内側に入れ墨をしていてそれが元で身元がバレたりとその辺はお粗末だったけれど、護送車の中での乱闘シーンが非常に緊迫感があって観ていて久しぶりに面白いシーンをみたなあ、と思ったよ。ミッション・インポッシブルみたいな次から次へと豪華料理が出てくるという感じではないけれど、個人のお店に入って思いのほかおいしい料理が出てきた時のような感じ?この手の映画のセオリーとしての大団円もきちんとしている王道のアクション映画でした。これは観て損はないと思いますよ。

 主演のイドリス・エルバは『パシフィック・リム』で司令官を堂々と演じていたけれど、こういうアクションをこなすことが出来るのだと驚いた。


 あとは娘と見るために借りた『レゴバットマン』。

           吹き替え版で観たほうが多分面白い

レゴバットマン ザ・ムービー(吹替版)

レゴバットマン ザ・ムービー(吹替版)

  • 発売日: 2017/06/06
  • メディア: Prime Video
 

 

    

 レゴ映画シリーズにハズレなし。相変わらずの切れ味鋭いギャグに笑わされる。例えば映画の冒頭って必ず制作会社のロゴがいくつも登場するじゃないですか。それをバットマンがいちいち解説しメタフィクション的な笑いを生み出す。岡崎体育が「エクスプレイン」という曲で、詞内容や曲の構成をそのまま説明している感じに近い。バットマンが基地に帰る時の合言葉は「アイアンマンのバーカ」


 アメリカのギャグ映画のすごいところって、徹底的にギャグを飛ばしたりする一方できちんとシリアスな面も上手く扱っているところだと思う。バットマンは大活躍して多くの市民に感謝されるが一人豪邸に帰るとロブスターを電子レンジでチンして孤独に食事をする。何人も入ることができる豪華なミニシアターでトム・クルーズの映画を一人で観る。
 これはまあブルースウェインが家族を失い、二度とその喪失感を味わいたくないというところからきているんだけれど、それが逆に彼を単独行動に走らせてもいるのだ。だから仲間ができても最初は彼らを犠牲にするのが嫌で別行動をとったりする。しかし最終的には仲間に助けられ、彼は変わり、最後にはジョーカーとも和解してしまうのだ。サウスパークなんかもそうなんだけれど、さんざんくだらないことやっておいて、ホロリとさせる作品づくりが上手いのはやはり脚本家の層が厚いからなのでしょうか。

 『サウスパーク』のクリエイター、トレイ・パーカーとマット・ストーンなんかはこれに近い話作りをするのが上手い。

        これは「チーム・アメリカ」。とてつもなく下らないのが清清しい

     
 レゴバットマンではジョーカーが宇宙の果てにある悪者の牢獄からたくさんの悪役を引き連れてくるのがまた面白いんですよ。基本ワーナーの映画の悪役が出てくるんだけど、ヴォルデモートを始めとして、ゴジラらしきカイジュウそしてなんと『ロードオブザリング』の冥王サウロンの「目玉」が出てきて子供はきっとわからないだろうけれどもそれを知っている大人にはたまらない演出でした。

 

 あっ、だいぶ前にプライムでレンタルしたヴェノムが明日で期限が切れるのでこれから観なきゃ

kakuyomu.jp

細雪(ささめゆき)を数十年ぶりに読む

 谷崎潤一郎に興味を持ったのは高校時代、国語の便覧を暇つぶしに眺めていたことがきっかけだった。谷崎氏のページには「耽美派」「悪魔主義」などの言葉が踊っており、カフカカミュなどを読んでいい気になっていた僕は興味をそそられたのだ。彼に興味を持った僕は学校の図書館へ行き、まずは短編集である『春琴抄』を借りた。

確か冒頭の作品は『刺青』(しせい)だったと思う。その流れるような文体や、彫師である男と彫られる女の主客転倒が見事で青二才の僕でも素直に「なんか谷崎すげえ」と思ったもんだ。『蓼食う虫』も読んだはずだけれど、ほとんど内容を覚えてはいない。似非文学青年であった僕にはまだ難しかったかもしれない。それでもそうして何篇か読み進めるうちに、大作『細雪』に挑んだのだ。

 

  折しも高3の秋、受験勉強を必死こいてしていなければならない時期、僕はあまりに意識が低く「映画監督になりてえ」と漠然と思い受験科目が英語と社会しかない日大芸術学部しか受けるつもりがなかったのだ(もちろん一次で不合格、結果浪人)。そうして呑気にも本ばかり読んで現実逃避をしていたのだな。その中の一冊である『細雪』であった。時に夜遅くまで読み、一月ほどを費やしてついには読了し、それを報告して当時の担任の国語教師をして喜ばしめた僕だったけれど、今となっては40年近く前、ほとんど内容を覚えてはいない。それが最近、たまたまキンドルで上巻が無料で読めたのでなんの気なしに読み始めたのですよ。ところが読み始めると止まらない!あっという間に上巻を読んでしまったので、中巻・下巻と読もうとしたら無料本は上巻しかない!仕方がないので500円払ってキンドルの完全版を購入しましたよ。そんで読み終わりました。

畢生の大作、ていうキャッチがすでになんか格調高い

細雪 全

細雪 全

 


 細雪は昭和14年、大坂の落魄した商家「蒔岡家」の四姉妹をめぐる物語である。東京に越して本家を預かる鶴子、そして次女の幸子は結婚し家庭をそれぞれ持っている。三女の雪子と、「こいさん」(小娘さん、こいとさんと読み、末娘の意)と呼ばれる四女の妙子は独身である。妙子は19の時に駆け落ち騒ぎを起こし、名家の娘故、地方の新聞に書きたてられてしまったのだが、その際に間違えて雪子の名前で記事が出てしまったということがあった。それがもとで雪子はその美貌にもかかわらず縁談に恵まれず、30を迎えても独身である。この雪子の縁談話が持ち上がっては不首尾に終わるという繰り返しと、こいさんの奔放なふるまいによる波紋が主な軸になり、それらの出来事が次女の幸子の視点を中心にして描かれている。これは谷崎氏の三番目の妻がこの幸子のモデルになっているということも関係しているのだそうです。

 大仰なストーリ展開があるわけではなく、むしろ微に入り細に入った大阪の上流家庭の日常の描写がこれでもかというくらいに描かれる。ほとんど数行しか登場しない人物の勤め先や、境遇などが説明されたりもするのだけれど、それ本筋にほとんど関係ないでしょ!といえる内容がしかしリアルさをもって次々と描写されているのだ。神は細部に宿るというが、まさにそれを地で行っている作品なのだ。

 

      昭和25年製作の映画「細雪」。ラストはこいさんが家を出るシーンで終る

       

 とはいえ、いくつかの盛り上がる場面はある。例えば上巻の水害の場面などは非常に緻密な描写で、それに巻き込まれたこいさんの緊迫した様子が真に迫っているのだ。ちなみに僕はこの洪水の場面をこの作品のクライマックスだとずうっと思い込んでいて、今回読み直すときに「確か細雪、大洪水で家が水没して終わったよな」なんて思っていました。全然違う。記憶の捏造。ひょっとしたら「ちびまる子ちゃん」で洪水が起きて、たまちゃんの家が水没するという話があったのだけれど、それと混同していたのかもしれない。
 とにかく太平洋戦争直前のまだギリギリ平和であった昭和初期の大阪・東京を谷崎氏の優れた筆致によって、今も鮮やかに甦ってくる。

       こちらは市川崑作品。このシーンの緊迫感すごい

     

 さて前述したように主なストーリーの軸の一つが雪子の縁談なのだが、いくつかの破談を経て、最終的には子爵家の息子との縁談がまとまる。一方その縁談と同時に並行して、勘当同然であったこいさんが未婚のまま妊娠し、結果的に死産するという事件が起きる。そして物語はここで終了するのだ。
 文学作品であるからして、人間の日常を描いた作品であるからゆえ、そんなに劇的なクライマックスがあったりするわけではない。この後太平洋戦争が起こり、大阪も空襲され蒔岡家は焼け出されるかもしれない。ただ「その後」に関しては読者が想像するしかないのだけれど、それにしても終わり方が妙なのですよ。だって、最後のページ、雪子が婚礼の為に東京へ行くのだけれど、その二三日前から下痢に襲われるのです。そうして最後の一文がこれ。婚礼を直前にした雪子の主観に立って書かれた一文です。

 

 そう云えば、昔幸子が貞之助に嫁ぐ時にも、ちっとも楽しそうな様子なんかせず、妹たちに聞かれても、うれしいことも何もないと云って、きょうもまた衣えらびに暮れぬ嫁ぎゆく身のそぞろ悲しき、と云う歌を書いて示したことがあったのを、図らずも思い浮かべていたが、下痢はとうとうその日も止まらず、汽車に乗ってからもまだ続いていた。 

                            細雪 完

 

 

何だこの終わり方!「細雪 完」って。よりによってこの一文がこの大作の締めだとは。一文が長く、流れるような文体が谷崎氏の特徴のひとつであるけれども、凡人ならば最後の「図らずも思い浮かべていた」で終らせるだろうところ、「下痢がとうとう止まらない」という内容で終わりですよ。すげえなあ、谷崎潤一郎

 

それに比べりゃこんなのど素人の手慰み

kakuyomu.jp

 

ゾゾユーズドジャンキー生活日誌

 もう新品の服なんて買わない。いや、買うけどさ、やっぱりゾゾユーズドでばっかり買っちゃうよね。つうわけでしばらく自分でも何を買ったか良く覚えていないので確認の意味でもここ数ヶ月で僕が買ったゾゾユーズド商品をあげておきます。基本、いつもとおなじような買った服紹介です。

       この他にも子供の服とかも買っている。どこにお金があるのだろう

     f:id:otominarukami:20200311122505j:plain

 

これはLeeのスキニージーンズ。ややきつかったが、なんとかはける。1000円。デニムパンツもやたらと持っているのだけれど、買ってしまう。ゾゾユーズドはリーバイスやリーの状態のよいのが1000円前後で買えるのがうれしいね。

   f:id:otominarukami:20200311122518j:plain

 

         こちらは小物類。なんとなくオマケ感覚で買ってしまう

   f:id:otominarukami:20200311122723j:plain

 緑のお財布は2100円。一応レザーです。手袋は新品で3000円。グリーンのブルックスブラザースのストライプハンカチも新品。1100円に値下がりしていたので思わず買ってしまったが、なんとなくもったいなくて使えない。ブルーの三角模様のハンカチはハッピーソックス。ハッピーソックスはやたらと派手で可愛い靴下を量産しているが、こういうのも出しているのだね。これを僕のようなおじさんが使ってます。

        お財布はおそらく新品。でもきちんとしたカウレザー 

f:id:otominarukami:20200311122729j:plain f:id:otominarukami:20200311122735j:plain

 さすがに手袋のユーズドは気が引ける。僕は寒がりなので手袋は冬の間の必須アイテムなのです。運転するのにこれが無いと辛い。だから4つほど日替わりで使ってるんだけど、レザーというのも条件なのです。僕は高校生の頃からこういうレザーの手袋に憧れを持っていくつも買ってきたのだけれどそれはこのジャケットによるのです。

             ジェントルメンテイクポラロイド

孤独な影

孤独な影

  • アーティスト:JAPAN
  • 発売日: 2015/04/08
  • メディア: CD
 

 ジャケットに移るデビッド・シルヴィアンの手に嵌められている黒レザーグローブがなんともカッコよくて、16歳の僕は近所の洋服屋を血眼になり探したものだ。

 田舎のこととてなかなか見つからなかったんだけれど、しまむら的な洋品店についに発見、直ちに購入。意気揚々と学生服にレザーグローブというミスマッチなファッションで毎日自転車を漕いで学校へ通っていた。

 すると当時同じような音楽的志向を持っていた友人が僕の手袋を目ざとく見つけ、彼も同様に探したらしいのだが見つからず、仕方無しに父親のお古の片方だけあった手袋をしていた。片手をポケットに突っ込んで、右手のレザーグローブだけがなんともいえない哀愁を漂わせていたような気がする。

             このPVでは手袋はしてませんね

     

 

  続いて僕の好みのテイストを持つブランド、ギルドプライムのネクタイ。

     f:id:otominarukami:20200311122813j:plain f:id:otominarukami:20200311122820j:plain

 こういうレジメンタルストライプの配色は色々あるけれど、やはり赤や緑が中心になっているものがよいよね。このネクタイはオレンジというビビッドなカラーがメインだけれどもあまり見かけないストライプなので2700円で値下がりしていなかったけれど即購入しました。最近の流行なのか、やや細身。ちなみに元値は9000円くらい。

 

またまた小物類。トミーヒルフィガーのマフラーと、ブルックスブラザースの派生ブランドレッドフリースのニット帽。

   f:id:otominarukami:20200311122846j:plain

マフラーは800円のニットは1200円。一応どちらも僕自身が手洗いをして、平らな日当たりのよい場所において乾かします。型崩れしないように細心の注意が要るのだ!

 

    ドレスシャツも充実。左はアローズで右はトゥモローランド

f:id:otominarukami:20200311122913j:plain f:id:otominarukami:20200311122921j:plain

 アローズのシャツは新品ですよ!値下がりするのを辛抱強く待ち、1900円で購入。Harvie&Hudsonとかいうブランドとのコラボ商品だそうで、かなりおしゃれなシャツです。サイズもぴったりで会心の買い物。こういうのがあるのでゾゾユーズドジャンキーは辞められないのだ。

 

カーディガン大臣としてまたしても買ってしまった。左はミスターオリーヴで右はミロック。大体僕が買うブランドは決まってるのです。

   f:id:otominarukami:20200311123022j:plain

 左のミスターオリーヴは800円、右のミロックは713円という何故か中途半端なお値段。オリーヴのほう、買うときに写真で気付かなかったのだけれどポケットの横に結構な引きつれがあって何だコリャ!と思ったが娘の裁縫セットを借りて自己修復しましたよ。実際に買うと15000円くらいするそうな。

                   僕カーディガン大臣

 

 

       はい、帽子は800円のサングラスは400円です。

f:id:otominarukami:20200311123349j:plain f:id:otominarukami:20200311152052j:plain

 

 個々の値段は安いが積もり積もって結構な額になってるのがイヤだ。僕払えてるのか?まあ、なんとかなるでしょ、借り入れてるわけでなし。さて次はまたしてもギルドプライムのコート。

f:id:otominarukami:20200311152001j:plain f:id:otominarukami:20200311152026j:plain

 このブランドらしいデザインで似たようなの持っているにもかかわらず結局購入。4380円まで下がったのだ!状態は良いです。新品で買えば3~4万くらいするからね。

 さて最後にこちら、ナノユニバースのスーツ。

        f:id:otominarukami:20200311122642j:plain

 最初ジャケットだけで1600円という破格の値段で売ってたんですよ。「首周り汚れB」という評価だったんだけど、予感がして、まあ値段も値段だし買ってみたの。するとやはり思いのほかきれいで、サイズもぴったり。でもこういうジャケットって下に合わせるパンツがなかなか難しいのですな。

 たまに上下を違う生地や色で着ている人がいるのだけれど、あれ違和感がすごいんですよ(個人の感想です)。黒のジャケットにグレーとか、逆にグレーに黒のパンツとかなら相性がいいのだけれど、微妙な色の取り合わせとなるとなんだかな・・・。

 それで、もしかしてこのジャケットと別売りでパンツが出品されているのではないかと思い検索したら案の定あった!おそらく売った人はセットアップで売ったのだろうが、ゾゾユーズドって何故か別々の出品になることが多いのだな。

 とにかく3900円という値段がパンツにはついていて、悩むわけですよ。ジャケットが1600円なのに、パンツがこの値段かってけちんぼ根性が頭をもたげてね。でもナノユニのスーツが上下で中古とはいえAの状態で5500円でしょう?じゃ買うしかないよね!つうことで僕のものになりましたこのスーツ、なかなかかっこいいです。

 

      では最後にいくつかのアイテムを身につけて記念写真です。

                 じゃーん

             f:id:otominarukami:20200311124747j:plain

          スーツ:ナノユニバース 5500円

          帽子:Improves 800円

          手袋:Adposion 2970円

          シャツ:ユナイテッドアローズ:1900円

          ネクタイ:ギルドプライム:2700円

          ベルト、靴:スタイリスト私物



 明日このいでたちで娘の卒業式に出ます

kakuyomu.jp