音楽と本

僕のカルチャーセレクトショップ

ビリー・シーンに心酔してた

 お化けの記事、人気なし(´・ω・`)

 

 大学生のころ、デイヴ・リー・ロスがヴァンヘイレンをクビになって始めたバンドが何やらすごかった。

 

Eat 'em & Smile

Eat 'em & Smile

 

 

 

      www.youtube.com

      

      www.youtube.com

 

 ギタリストがスティーヴ・ヴァイってところだけでもすごいのだけれど、一緒にやっていたベースの男、今じゃ誰もが知っているビリー・シーン(シーハン?シーアン?)のブッ飛んだベースプレイにノックアウトされたのだ。

 このプロモ二曲に関してはおとなしめのプレイをしているけれど、(それでもヤンキーローズのベースのフィルインは驚きのフレーズ)アルバムは超絶技巧の曲がしれっと入っている。

 

    そして僕のベース人生に多大なる影響を与えた「SHY BOY」

 

    www.youtube.com

 

 ヴォーカルはデイヴではないし、ドラムもグレッグヴィソネットじゃないけど、結局のところ、この二人のテクを堪能できれば良いわけで。

 とにかく当時、僕が所属していたバンドサークルはこのバンドのことで持ちきりだった。とにかくビリーがすごい、いやスティーヴが!(グレッグビソネットおいてきぼり)と。

 僕はベースをコピーするとすればジャパメタ一辺倒で、その頃はラウドネスやアンセムの早弾きの曲をピックで一生懸命ブリブリやっていたのだった。早弾きに磨きをかけさんざ弾きまくっていたので、それなりにサークルでは「アイツは速い」と言われていい気になってた。

 しかし!このビリーのプレイの前にはすべてが虚しかった。だってベースでライトハンドって!全部指で弾いているって!三連符を永遠に弾き続けるってなんだ?

 

 僕はピックを捨て日々指で弾くことに集中するようになった。一日5時間くらいベースを弾いていたこともあった。指の皮が分厚くなっていくのが頼もしくて授業中でも椅子の縁に指を引っ掛けて早弾きの訓練をしていた。ベースマガジンのビリー特集に載っていたライトハンド&タッピング奏法を研究した。

 まあ、その甲斐あってある程度ライトハンドやタッピングができるようになった。ただ、エレファントガンの三連符は結局弾けなかった。ビリー、すごすぎ。

 

    www.youtube.com

 

 ヴォーカルパートのバッキング、このスピードで全部三連符だし、後半のベースソロとかユニゾンのライトハンドとかもう人智を超えている。

 そうしてビリーのかつて在籍していたバンド「タラス」にも興味を持ったので、アルバム買いました。びっくりした!

 

Talas Years

Talas Years

 

 

 あれっ、このアルバムじゃなかったかな、何がびっくりしたかって、このアルバムでも「SHY BOY」がすでに演奏されていたんだけど、ギターのテクがショボすぎてビリーについていけてない。ギターソロがぐいーん、ぐおーんみたいな感じで全然弾いていないという。

 

 その後僕は新宿エアーズで買ったデイヴの海賊版のライブビデオを何度も見たが、何が驚いたかって、デイブよりもビリーとスティーヴの方が華があるのだ。

 だからこの二人の超絶ソロ合戦のあとにデイヴがボクシングのリングから登場しても大して驚かないのだ。案の定、スターは3人もいらないと判断したデイヴサイドがビリーを解雇してしまう。

 そもそも2NDのスカイスクレーパー(これも名盤だけど)からしてもうビリーのベースである必要性がほとんどない曲ばかりだった。

 

スカイスクレイパー

スカイスクレイパー

 

 

 さてそんなビリーはこの後MR.BIGで大成功を収めるのはご存知のとおり。最近またアルバムを出して話題になってた。

 実は僕は1STは期待を込めて買ったんだけど、何か違う・・・とその後はアルバム購入を見合わせた。いや、アディクテッド・トゥ・ザ・ラッシュは確かにすごいよ。

 

      www.youtube.com

 

 やはりポールギルバートではなく、スティーブ・ヴァイとの相性が良すぎてアメリカンハード路線のMR.BIG僕にはイマイチだったのだ。それにしても、日本でのMR.BIG人気はすごいな。好きだとか言ってますが、ナイアシンとか、ザ・ワイナリー・ドッグスとかもそんなには聴いてません。いや、この曲はすごいけど。

 

    www.youtube.com

 

 彼がMR.BIGを始める前に、ビリーがヤマハと契約し来日したことがあった。僕はどういう経緯でそのチケットを入手したのか忘れたけれど、確か神田あたりのホールにそれを見に行った。

 ビリーが登場するやいなやベースを弾きまくり、会場の興奮は最高潮に。でもその後、通訳の女性が音楽に明るくなくて音楽用語の通訳に四苦八苦して意味不明のインタビューになっていたっけ。

 その後、サークルの友人がヤマハのベースを丁度購入してその特典としてついてきたこのビデオを僕にくれた。ムチャクチャテンション上がった!

 

       f:id:otominarukami:20170822215132j:plain         f:id:otominarukami:20170822215215j:plain

 

     冒頭に入っていたプロモーション映像がこれ。

 

    www.youtube.com

 

 僕はこのフレーズを一日百回は聴き、コピーしまくった。でももう弾けないかなあ。いい練習にはなりました。僕はその後レッチリ方面に進みスラップ野郎となりました。

 

 そんな僕は去年、友人たちと二十数年ぶりにシャイボーイをバンドでやることになり、久しぶりに毎日ライトハンド三昧の生活を送ることになった。

 昔とった杵柄、指が未だに曲を覚えていてなんとかこなすことができました。ただ、アディクテッド~をやろうという話もあったんだけど、それをコピーするのは今更しんどいので、MR.BIGでお茶をにごしました。もちろん、ソロはFREEバージョンで!

 

     www.youtube.com

 この曲は、 こちらのほうが断然好きだったりする。

 

暇つぶしにどうですか

kakuyomu.jp