読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽と本

タイトル通り音楽と本についてのブログです

アマゾン1円CDハンターがゆく 11 リンキンパーク 「リヴィングシングス」

アマゾン1円CDハンター基本ルール

1 基本的に1円のモノを買う。

2 できれば聴いたことのないアーティストを選ぶ。

3 やみくもには買わずに星4つ以上で、軽く試聴をする。

4 ジャンルはなるべく不問。

5 3日に一枚くらいのペース、月に最低10枚は買う。

 

先日古着屋で買い物をしていたら、僕が知らない日本人の女性シンガーの曲が流れてきた。曰く「私は仕事も恋も手を抜かない~恋も仕事もパーフェクト!」だって。(大体こんな感じ。うろ覚え)。率直な感想を言わせてもらえば、なんじゃそれ!あやうく吹き出してしまいそうになった。

働く若い女性のハートをつかむ歌詞なのだろう。等身大の気持ち、みたいな感じで。きっと僕の知らないところでこの手の曲は量産され、それを享受する人々がいるのだろう。現実の多層性を垣間見た瞬間だ。

他人の価値観に対して僕がとやかく言う筋合いはないし、僕の大好きなメタリカデスメタルなどはこの種の曲を聴く人からすれば「ヘビメタ」とくくられ、嫌悪の対象だろう。

それにしても歌詞に「仕事」ってダサくないか。あと、「人生」って言葉も曲の中に登場すると途端に冷める。英語なら「ライフ」となり、カッコもつくが「じんせい」って。この言葉の向こうに変な重みを感じてしまうからかな。こういうふうに思うの、僕だけなのだろうか。ただ、筋肉少女帯の「戦え!何を?人生を!」くらい突き抜けていればそれもアリだろう。

また、昔から思っていたんだけど、歌詞の中で女性の男性に対する呼称が「きみ」になったのはいつ頃からなのだろう。僕は宇多田ヒカル以降だと思うんだけど。最近そんなに女性シンガーの曲で「あなた」って言わないんじゃないの。これは相対的に女性の地位が向上して「あなた」→「きみ」という変化に結びついたのではないだろうか。僕は女の人の歌詞はやっぱり「あなた」がいいと感じるので、やくしまるえつこが「あーなーたー」とか歌っているとなんとなく嬉しくなる。まあ、相対性理論の曲にも「きみ」はありますけど。

 

リンキンパークのCDのはなし。

f:id:otominarukami:20170309002125j:plain

アルバム、「リヴィングシングス」

僕はネットショッピングをよくするので、そのBGMとしてアマゾンプライムで楽曲を選択するのだが、この間メタル系のジャンルをあさっていたところ、リンキンパークのページが出てきた。リンキンパークは全部CD持っているものだと思っていたら、このアルバムだけ抜けていたのだ。試聴すると良さそうだったので検索すると1円から売っているではないか。そこですぐに購入。

いいんだけど、やっぱり2NDの「メテオラ」には及ばない(個人の感想です)。もう8年くらい前かな、メテオラがあまりに素晴らしかったので僕は3RDはいったいどうなってしまうのだろう?と思い、かなりの期待をもって3RDアルバムの1STシングル「ワットアイヴダーン」を聴いたのだが、多くのファンと同じようにあれ・・・?思ったのと違う・・・という印象だった。メテオラが良すぎてジェイZとのコラボDVDやリミックスのリ・アニメーションも買った僕はあのサウンドがさらに進化して、今までにない音楽を聞かせてくれるだろう、と予想していたのだ。

結局それ以来、リンキンをあまりチェックすることはなくなっていった。ツタヤで5枚1000円のCDを借り、枚数合わせで6THアルバムの「ハンティングパーティ」を聴いたときも、ううん・・・どうでしょう、という印象だった。やはりメテオラの曲群のような切れ味の鋭いリフでひっぱっていく曲がないからなのだろう。思わぬタイミングでスネアと同時に「タタタタ!」とギターが入るアレンジなどすごい好きだったんだけどな。これも個人の感想なのだが、リンキンはギタリストの存在感薄いよね。僕は名前も知らない。このころ出てきたバンドで言えばコーンのマンキーとヘッドとか、リンプのウェスとか、デフトーンズのステファンとか、個性的なギタリストが多い。

とはいえリンキンパークがいなかったら今日のブリングミーホライズンもないだろう。

リンキンパーク フェイント


Faint (Official Video) - Linkin Park

これを聞いたあと、BMTHの「スローン」を聞くとリンキンの新曲と言われてもきっと気づかなかったかもしれない。


Bring Me The Horizon - Throne

海外だとBMTH結構アンチがいるみたいだけど、僕は大好き。

これとか


Bring Me The Horizon - True Friends (Official Lyric Video)

この曲は娘がかなり気に入ってサビの部分を僕と車の中で大合唱した時期があった。

アウダホーマブレースイファイワーズユー!

 

でも1円で買って損はありません。

 

あとはいつものです。今日は8位に後退していました。しくしく。

ダメージ・インクのライヴシーン、自分でもよくかけたと思っています。

 

kakuyomu.jp

 

 

kakuyomu.jp