読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽と本

タイトル通り音楽と本についてのブログです

アマゾン1円CDハンターがゆく 8 ゼム・クルックド・ヴァルチャーズ あとストーナーロックについて

 

アマゾン1円CDハンター基本ルール

1 基本的に1円のモノを買う。

2 できれば聴いたことのないアーティストを選ぶ。

3 やみくもには買わずに星4つ以上で、軽く試聴をする。

4 ジャンルはなるべく不問。

5 3日に一枚くらいのペース、月に最低10枚は買う。

 

ジョンウェットンがお亡くなりになったそうで。R.I.P.

 

f:id:otominarukami:20170202235926j:plain

さてゼムクルックドヴァルチャーズ。

このバンドは知っていたのだが、たまたま1円で売っていたので即購入。なんといってもメンバーが凄い。デイヴ・グロール(元ニルヴァーナ・フーファイターズ)がドラム、ジョンポールジョーンズ(レッドツェッペリン)がベース、クイーンズオブザストーンエイジのジョシュオムがギターヴォーカル。


Them Crooked Vultures - Reading Festival 2009 ( Full Concert)

 ジョンポールジョーンズが元気すぎる。何が嬉しいって、観客のほとんどがティーンで、彼らが熱狂的にバンドを支持している様子が映っていることだ。ブリング・ミー・ザ・ホライズンだけが人気があるわけじゃないのだな。(もちろん僕はBMTH大好き。) 

 ただ、今の若いロックを聴く人が、ツェッペリンを知っているかどうか。そういえば昔沢尻エリカが離婚した元旦那のハイパーメディアクリエイターと一緒にツェッペリンの再結成ライヴを観たという報道があったが、本当に楽しめたのだろうか?

 

 ライヴというのは曲を知っていて、そのアーティストが好きだからこそ楽しめるものだ。僕の友人のS君が昔、クイーンズライクのライヴに偶然タダで行けることになったのだが、彼はあいにくとクイーンズライクの曲をほとんど知らなかったらしい。同行した別の後輩に聞いたところ、S君はコンサートが始まるやいなや、周りが拳をあげてノっているのにもかかわらず、両手を膝において中腰になり、辛そうにうなだれていたそうだ。そして終いには中途退席したとのことだ。一体彼は何しに行ったのだろう。

 

 話をゼムクルックトヴァルチャーズに戻すと、ギターのジョシュ・オムだ。彼だけはキャリアの割に、日本ではイマイチ知名度が低いのではないか。伝説のストーナーロックバンド「カイアス」で活動したあと、「クイーンズ・オブ・ザ・ストーンエイジ」を結成、2013年にはビルボードで1位を獲得するほどの人気バンドだ。僕の娘も結構お気に入りだ。

 


Queens Of The Stone Age - No One Knows

 独特の哀愁に満ちたいい曲。こちらのドラムもデイヴグロール。NINのトレントレズナーも客演しており、まさにミュージシャンズ・オブ・ミュージシャン。

 

 話はそれるが、ストーナーロック、かっこいいです。じゃあ、そもそもストーナーロックとはなんぞや。僕の中では、ギターが「ズワー」というファズがかった、激しい歪んだギター音がメインで、荒削りでどこか泥臭い感じのする、それでいて親しみやすいロックだと思っている。くくりが雑でごめんなさい。昔から僕はそれとは知らずに、この流れを汲むバンドをいくつか聴いていた。

 まずはカテドラル。世界一短い曲「YOU,SUFFER」でギネスにも認定されているグラインドコアバンド「ナパームデス」の元ヴォーカル、リードリアンが結成したバンドだ。

 ちなみにこちらが世界で一番短い?とされる曲「YOU、SUFFER」。初めて聞いたときは爆笑した。歌詞は「YOU SUFFER BUT WHY」とムチャクチャ早口。


Napalm Death - You Suffer

 ああ、いい曲だなあ!

 他にも初期Napalm Deathには「デーッド!」と叫ぶだけの曲などもあります。このアルバム、もうかれこれ30年くらい前のでしょ。55曲入で30分弱とか、当時のグラインドコアと呼ばれたこのあたりのバンドたちをよく僕は聴いていた。その中でも特にすごかったのはAxCxというバンドの5643曲入りEPという、聴くのもバカらしくなるアルバムだった。そんなんばっか聴いていた時期も僕にはあったなあ。

 

 スグ話が横道に逸れてしまうから記事が長くなる。そして寝る時間が遅くなる。グラインドコアデスメタルについてはまた別の機会にしよう。

 カテドラルに話を戻したい。かの世界最速のバンドから一転、脱退したリー・ドリアンが結成したカテドラルは、ブラックサバスを思い起こさせるスローでダークかつおどろおどろカッコイイサウンドだった。


Cathedral - Ride

 ずんずずんずずんずずんずずうーう・・・・

 この曲のインパクトは凄かった。あんまりすごくて僕はドラムを始めてしまったくらいだ。歌詞の世界観も良かった。「クリスタルウォリアー!」とか叫んでる。オウイエー!まあ、最近までこのバンドが(異論はあるだろうけど)ストーナーにカテゴライズされているとは知らなかったんだけど。

 僕の中でのストーナーロックバンドといえばこちらのKYLESAだ。そもそもなんて発音するのかが未だにわからないバンドだが、ダブルドラム、おねえちゃんのギターヴォーカルとこちらもなかなかすごい。これも一時期ハマって数枚アルバムを購入した。

 


Kylesa - "Tired Climb" Season of Mist

 

 あと、最近気に入っているのはレッド・ファング。気のいいアンちゃんたちのバンドなのだが、どのPVでも例外なく彼らはビールを飲んでいる。そして必ずスプラッタ描写が出てくる。まあ、モンティ・パイソンレベルのギャグみたいなもんなのだが、それでも耐性がない人は気持ち悪いかも。この曲はビール・ゾンビなる奴らが出てきて人を殺してビールを飲みまくってます。曲はものすごく勢いがあってキャッチー。CUT IT OFF!

 


RED FANG - "Blood Like Cream" (Official Music Video)

 

 あとはHIGH ON FIREあたりだろうか。プロモが面白すぎィ!勢いがスゲエ。


High On Fire - The Black Plot

こういうメタルバンドのアニメPVって結構あるのでいつかそれを集めて紹介したいですね。

         

       一円で買って損はない!あとこちらもよろしくお願いします。

kakuyomu.jp