音楽と本

僕のカルチャーセレクトショップ

90年代以降のロックを振り返る試み

ROCKET FROM THE CRYPT あとミスターオリーブの高い服を安く買う

僕が独身で調布のアパートに住んでいた頃に暇があれば見ていたMTVでこれが流れた。 愛すべきバカビデオ。 www.youtube.com 元来僕はそんなにロックンロール!的なバンドやメロコアはそれ程好みじゃないんだけど、このバンドの持つ妙なテンションとオーラにや…

BECK/ベックがいるじゃない

BECK、新譜でるね。PVが何曲か公開されてる。 www.youtube.com 一瞬イントロを聴いたとき、ケミカルブラザースかと思ったよ。まあ、ベックはケミカルの「WIDW OPEN」(名曲!)で歌っているしね。 www.youtube.com でもこの曲って全然ベックの声っぽくなくて…

革新的な音楽が聴きたい ポーティスヘッド

トリップ・ホップという言葉を最近は殆ど聞かないけれど、20数年前ならば、それは新しい音楽ジャンルの象徴だった。ヒップホップとは一味違ったアヴァンギャルドなトラックに聴いたこともないような音色の選定、つぶやくようなヴォーカルに浮遊感たっぷり…

ストリングス(バイオリン)が入っていれば、大体いい曲説

ロックミュージックには、たまにストリングス、もしくはバイオリンが入っている曲がある。そういう曲は、大方耳障りがよく、いい曲が多いよね。僕が思いついた限りであげてみたいと思います。 僕が始めてその手の曲でイイ!と感動したのは中学の時にほぼ毎日…

それほどハマったわけではないけれども、CD何枚か持ってるバンド

僕は直感的によい、と思ったらとりあえずCDを買う癖がある。で、あるときマシュー・スイートのこの曲がMTVで流れていて www.youtube.com 「ふうん、結構いいかもしれない」と思ってこのアルバムを買った。 100%ファン アーティスト: マシュー・スイート 出版…

俺は悪魔だ! ディーサイド(DEICIDE)のこと

デスメタルを聴き続けてかれこれ二十数年。いろいろ聴いてきたけれども、今回ご紹介のDEICIDEはその中でもかなり長いこと聴き続けているバンド。 大学生のとき、デスメタル好きの後輩に勧められて聴き始めたと思う。典型的なオールドスクールデスメタル。今…

アマゾン1円CDハンターがゆく ジェーンズアディクション/キングスオブレオン/ジュニアシニア他

毎日こうやって何事もなくブログを更新している僕ですがその実、毎日ものすごいストレスによる抑圧です。嵐です。 そう、それは、もうストーム・オブ・ストレス(BY TERRORIZER) www.youtube.com がぴったりくるほどの。 大小の嵐や波が押し寄せる中、それ…

哀愁ロックベストワン!アトミック・スィング 

あんまりいろんなバンドを手当たり次第に聴くので、もうどういうきっかけで聴いたのか買ったのかわからないバンドがたくさんある。毎日の日課の深夜YOUTUBE音楽あさりをしていたらなんと懐かしいアトミックスイングが出てきた。好きだったなあ、このバンド。…

ボディ・カウントってあんまり知られていないのかしら? スレイヤーを熱演!

いきなりすいません、何かの縁です。よかったら僕の作った曲を聴いてください!ほとんど聴かれてません(;_;)そこそこ聴けると思うんですけどネェ。僕の承認欲求を! soundcloud.com よかったらこっちも otominarukami.hatenablog.com とりみだし、失礼しまし…

ビリー・シーンに心酔してた

お化けの記事、人気なし(´・ω・`) 大学生のころ、デイヴ・リー・ロスがヴァンヘイレンをクビになって始めたバンドが何やらすごかった。 Eat 'em & Smile アーティスト: David Lee Roth 出版社/メーカー: Warner Bros / Wea 発売日: 1994/08/04 メディア: CD…

ミニストリーでいっちょ景気よく行くか!

メガデスの二回目の来日っていつごろだったっけな、1990年代の前半だったはず。僕はギリギリ「ラスト・イン・ピース」アルバムくらいまでしか彼らを聴かず、それ以降はなんかメガデス違うな・・・という感じでライヴには行かなかった。 まあ、そのライブ…

筋肉少女帯の思いで

僕は一時期、高校生の頃は洋楽一辺倒だったのだが、色々な音楽を聴いていうるうちに音楽は 「いい音楽とそうでない音楽の区別があるだけだ」 と思うようになり、僕自身の価値基準で、僕の魂が「いいね!」と思ったものは積極的に聴くようになった。その結果…

電気グルーヴ 本もいろいろ出てます

もはや若い人たちで電気グルーヴを、そしてピエール瀧が実はミュージシャンだなんて知っている人はあんまりいないんじゃないか。大ヒットした「シャングリラ」でさえもだいぶ昔の作品。 www.youtube.com それはそうと、このへんの天久聖一氏が関係しているビ…

電気グルーヴ UFOholicがキテる! あとグルーヴ地獄Vのおもいで

電気グルーヴの新PVが公開されたけど、ブッ飛んでいる。イギリスの有名アニメータースィリアックという人とのコラボだって。 www.youtube.com これ、好き嫌い分かれそうだね。いかにも電気!っていう感じはする。僕の娘は何度も観てた。よし! とか言ってま…

デフトーンズ! 恋の予感/GORE

毎日毎日デフトーンズばかりですいません。でも、好きだから。 今日でデフトーンズの回はおしまいです。やりきった! 日本での彼らの人気ってどうなのだろう。一応フェスではそれなりの順番で出ているし、アマゾンも軒並み高評価だし僕のような静かなファン…

デフトーンズ!  DEFTONES/サタデーナイト/ダイヤモンド・アイ

1ST~4THまでの時期のデフトーンズの充実は目を見張るものがある。 ホワイトポニーでやり尽くしたと思ったら、まだ彼らには伸びしろがあった。さらにギターの音圧は増し、ヘヴィになって、チノが叫びまくるセルフタイトルアルバムが完成した。 Deftones ア…

デフトーンズ!DEFTONES! ホワイトポニーイェー!バックトゥスクールイェー!

2NDアルバム「アラウンド・ファー」でデフトーンズすげえな!と感動していたら、2000年に発表された3RDアルバム、ホワイト・ポニーはさらに期待を上回る完成度だった! ホワイト・ポニー アーティスト: デフトーンズ 出版社/メーカー: ワーナーミュー…

デフトーンズ!DEFTONES! イェー!

デフトーンズ、出るたび即買いを続けて二十年。 僕が初めてデフトーンズを聴いたのは、今まで何回か紹介している、この「7WODS」のビデオでだ。 www.youtube.com なんだ!このかっこよさは!イントロからのワクワク感がすごい。そうしてサビのSUCK!SUCK!S…

ビョーク×スカンク・アナンシー

今日の読売新聞のテレビ欄の広告をみてたまげた。なんだこのラインナップ。今何年だ?三十年前にタイムスリップしたのか? 写真に写っているメンバーがことごとくおっさんか、おじいちゃん。ヒューイ・ルイスなんかヒドイ。それにしてもMR.BIGって日本の人…

ビョーク×カーカス

言わずと知れたビョーク。 そのあまりに偉大なキャリアはロック/ポップス史上に燦然と輝くものだ。 最近はなんだか美空ひばりか小林幸子のような感じがして僕は近寄りがたいです。 www.youtube.com ビョークのブレイクのきっかけはそれまでアイスランドで活…

あの曲名を知りたい ~日立サウンドブレイクとか

ナインインチネイルズの新曲出た! 相変わらず尖ってる。トレントもう50超えているのに、全然才能が枯渇しないところがすごい。歌メロが相変わらずNIN節。暗い部屋でヘッドフォンかけて大音量で聴きながら見るとトリップできそう。 www.youtube.com さて、…

革新的な音楽が聴きたい トリッキー

トリッキーの新曲が少し前に出ていた。 www.youtube.com トリッキーを初めて知ったのはマッシヴ・アタックのビデオ、カマコマだ。そこで歌っていたトリッキーを僕は最初正式メンバーだと思っていたらそうではなかった。マッシヴアタックについてはこちらで。…

アタリ・ティーンエイジ・ライオット! デジタルハードコア1234!

まず、こちらのバンドのジャケット(裏表)をご覧下さい。 「うわ、ダサあ!」と思えば、正常な感覚です。このバンドの名前は「ULTRA VIOLENCE」。ウィキペディアの日本語版にはもちろん載っていないので、海外版ウィキをグーグル君に翻訳してもらったところ…

ナインインチネイルズ 一生聴く 2

さて昨日の続き。昨日はトレントの担当した映画のサントラまでを書きましたが、今日はその後に出た大作『ザ・フラジャイル』から。 ザ・フラジャイル アーティスト: ナイン・インチ・ネイルズ 出版社/メーカー: MCAビクター 発売日: 1999/09/23 メディア: CD…

ナインインチネイルズ 一生聴く 1

不覚! いつの間にかナインインチネイルズの新譜が出ていたではないか! なんの気なしにYOUTUBE見てたら新曲らしきものが発表されてておや、と思ってアマゾンを調べると、既に去年の12月にEPがダウンロード販売のみされていた。 Not The Actual Events ア…

90年代以降のロックを振り返る試み 4 スラッシュメタル アンスラックス/SOD

突然のカミングアウトだが、僕はスコットイアンに似ている。 www.youtube.com まあ、別にハゲているわけでもないし、ファラオみたいなヒゲをはやしているわけでもないんだけど、眉毛の感じとか、目の感じとかが自分でもそっくりだと思う。特に、若い頃のイア…

90年代以降のロックを振り返る試み 3 スラッシュメタル スレイヤー

メタリカ、メガデスとくれば当然そのあとにはスレイヤー/アンスラックス。この4バンドは日本だとスラッシュ4天王と呼ばれ、海外だと自らBIG4と名乗りライブツアーまでやっている。今ではどのバンドもかなりのビッグネームであるけれど、(そういえば最近…

90年代以降のロックを振り返る試み 2 スラッシュメタル/メタリカ・メガデス

鯱虎さんに教えていただいたトルコのバンドmaNga。再生回数が多くてビビった。トルコだと絶大な人気を誇るのか?キャリアも長そうだし、こういう知らないバンドが世には無数にあるもんだ。何曲か聴いて一番気に入ったのはこれ。 www.youtube.com 知らない言…

90年代以降のロックを振り返る試み 1 ミクスチャーロック/レッチリ・フィッシュボーン・・・

僕は音楽を食って生きている。 大げさだけど、多分そういう人はたくさんいると思う。その嗜好は人によりけりだと思うが、僕、わりと好き嫌いはない方だ。なんでも食べる。その中でも大好物は、開高健のいうところの「新しい天体」とでもいうか、とにかく聴い…