音楽と本

僕のカルチャーセレクトショップ

娘自慢

役に立たない中之条ビエンナーレガイド さいご

4回にもなってしまった役立たずビエンナーレガイド、これで終わりー。 nakanojo-biennale.com 伊参スタジオという、映画撮影などにも使われる木造の校舎が会場。全体像は撮ってません。まず、校舎の反対側にある丘の部分に向かうと・・・ 何やら向こう側に…

役に立たない中之条ビエンナーレガイド 3

もう終わってしまったビエンナーレのガイド、その3。 nakanojo-biennale.com 中之条の町をあとに、山方面へと向かう。このビエンナーレかなりの広範囲にわたって展開されているのでとても一日で周ることは不可能。入場パスポートに全会場のスタンプを押すと…

役に立たない中之条ビエンナーレガイド 2

もう終わってます nakanojo-biennale.com さて食パンマンを食いすぎたあとは、昔酒蔵だった場所での展示を観る。 いきなりエントロピーの高いアートに出会い、困惑する娘。何の表現なのか。 奥にはもっと不可解なアートがあってよろしい。 これはいったい何…

芸術の秋!役に立たない中之条ビエンナーレガイド

nakanojo-biennale.com 先月行くつもりだったのだが雨で先延ばしになっていた中之条ビエンナーレにやっと行ってきたよ。ビエンナーレとは簡単に言うと、街や建物の中に現代美術作品が展示され、それをあちこち見て回るアートイベントのことです。 最終日二日…

今月のZOZOお買い上げと、こどもファッションコレクション再び 

相変わらず物欲に突き動かされて買い物をする僕。大体月1~2回のペースでZOZOで買い物をして、ZOZO社長が高価な絵画を購入したりするのに僅かばかり貢献しているのだけれど、その方法などはこちらでも書いた。たまに読まれているようだ。 otominarukami.ha…

夏休みこども宿題図鑑/ZOZOでの買い物

この時期ZOZOで投げ売りセールになる。今年も多分トータルで2万円位使ってしまった。着る機会はほとんどないというのに・・・。さて先日届いたのはこちら。 とはいえやっぱり箱を開封する瞬間が一番楽しい!買ったのは娘のポロシャツ2点とCOENの中古トレー…

箱根父娘ふたり旅 海賊船と関所

海賊船に乗って芦ノ湖を遊覧するなるかみ父娘。雨に降られずにすんで幸運。 芦ノ湖海賊船はプラス数百円払うことにより、豪華な船室で優雅な旅を満喫できます。 でも娘は外に出たがり、ほとんど船室にはいなかった。風に吹かれてなんだか体力を奪われる僕。 …

箱根父娘ふたり旅 ロープウェーで大涌谷 

恐ろしい霧の中から怪物が飛び出したりもしましたが、なんとか多少晴れて、大涌谷行きのロープウェイに乗ることができたよ。でも霧は上に行くほど凄い。 視界は悪く、当然晴れていれば見えるはずの富士山も見えなかった。情報によると大涌谷も霧で見えないら…

箱根父娘ふたり旅 彫刻の森と落描き

旅行とは無関係なんだけど、フジロックのエイフェックス・ツインすごすぎ。 www.youtube.com ライヴというよりは光と音の洪水。しかも凶悪な。この形だともう曲を知っている、知っていないは関係ない。そして後半10分は曲の体裁を保っていない。音楽の破壊…

箱根父娘ふたり旅 彫刻の森へ 2

引き続き彫刻の森での不思議な世界。 鯉にエサを食わせまくったあと、林の中を抜けようとすると突如現れた不気味な影。 うわ、モモンジイだ! 昔読んだ妖怪図鑑の恐怖が蘇る! ・・・しかし作品プレートを見ると、『西行』と書いてあった。 まさかの漂白の詩…

箱根父娘ふたり旅 彫刻の森へ 1

箱根に行ってきたよ!初日は彫刻の森美術館。歴史は古くてもかなりオモローなスポット! わたしはあとから登場するわよ お盆に仕事する代わりにこの時期休みを取れ、となったので、4年生の娘と二人で旅行を計画、実行したのです。僕は小6の時に来て以来、…

お父さんの、ぬいぐるみ教室

この間、突然小4の娘が羊毛フェルトで人形を作りたいというので、ダイソーでセットを買った。 最初は作り方がよく解らなかったので上手にできなかったのだけれど、YOUTUBEで動画を検索したところ、参考になる動画がいくつもあり、それを見よう見まねで作っ…

小説を書くこと と そこそこであること

これは小説です。抜粋ですので、なんとか読んでみてください、お願いです!すぐ終わりますから!飛ばし読みでもいいですから! プロローグ 「田舎風景になってきましたなぁ。」 小学六年生になった僕は車にゆられて眠りそうになりながらも、お父さんに話しか…

ピエール瀧の!「屁で空中ウクライナ」と、電気グルーヴの『オレンジ』にハマる小4の娘

今や電気グルーヴの、というより、俳優、タレントとしての顔の方が有名なピエール瀧氏。その彼が2001年に出した本がこちら。『屁で空中ウクライナ』というタイトルが秀逸すぎる。 もともとテレビブロスで連載されていた、このブログでもカテゴリ名として…

アタリ・ティーンエイジ・ライオット! デジタルハードコア1234!

まず、こちらのバンドのジャケット(裏表)をご覧下さい。 「うわ、ダサあ!」と思えば、正常な感覚です。このバンドの名前は「ULTRA VIOLENCE」。ウィキペディアの日本語版にはもちろん載っていないので、海外版ウィキをグーグル君に翻訳してもらったところ…

ユニクロdeロックT激安 こどもファッションコレクション

妻が中1の娘のTシャツで、厚手のものが欲しいというので僕は今日ユニクロへ行った。なるべく安いに越したことはない。この時期はセールをやっているので狙い目はワゴンに入っているやつだ。たまに信じられないくらいの値段になっていることがある。 それを…